Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

水素水の効果・効能を論文などで調べてみた

コップに水をそそぐ

水素水とは

近年美容やエイジングケアに効果的と話題になっている水素水について効果・効能などを論文などで調べてみました。すると、そのすごさや人体への影響、根拠などが分かりました。たくさんの効果・効能があり、研究段階の分野もあるため水素水の魅力のすべてをお伝えすることはできませんがどなたにでも分かりやすく、難しい専門用語などを省いてまとめました。

水素は食品添加物として認可されている

水素は既存添加物番号192として認められ、現在は既存添加物番号168です。

既存添加物とは、1995年の食品衛生法及び栄養改善法の一部を改正する法律(平成7年法律第101号)附則第2条第4項で規定される既存添加物名簿に収録された食品添加物のことで、1996年に既存添加物名簿の告示が行われました(平成8年4月16日厚生省告示第120号)。既存添加物の安全性評価に関する調査研究は、平成8年、11年、15年、16年、19年と5回にわたり続けられ、安全性に問題があると認められた物質は名簿から順次削除されています。水素分子は、度重なる安全性の調査研究によって、安全性が厚生労働省から認められていると言えます。192番から168番になったということは、この間に24品目が脱落したことを意味しています。

要するに、水素を食品に添加することに関しての安全性は国も認めているということです。

薬機法(旧薬事法)では効果は認められていない

水素水の効果・効能は薬機法(旧薬事法)では認められていません。

これは簡単にいうと水素水を飲むことによって得られる効果や効能を発表してはならないということです。具体的にいうと「これを飲めば痩せる」とか「シワがなくなる」とか「若返る」といったことをうたい文句として販売できないということです。実際、多くの水素水が商品として売られていますがそのなかで具体的に効果・効能を宣伝しているものはありません。あいまいな表現を使ってグレーゾーン的な宣伝をしています。

例えばトクホ(特定保健用食品)のような認可を受けられれば具体的に「○○に効きます」と言えますし、薬機法(旧薬事法)に認められれば医薬品として具体的に効果・効能を発表できます。ですが現状では水素水は清涼飲料水としての位置付けなのでこういったうたい文句は使用できません。

水素は食品添加物としての安全性は認められているものの、効果・効能はまだ法律上は認められていないのが現状です。

このことが「水素水はインチキだ」とか「水素水は効果がない」といった口コミの原因となっているのでしょう。

しかし、多くの大学などの研究機関によって調査・研究が進んでいて成果が発表されています。また、すでに臨床試験の段階まで来ている研究分野もあります。水素水に関して悪いデマが飛び交っているのは誤解であると言ってもいいでしょう。

水素水の反応

水素水を飲むことによって体内ではどのような反応が起きているのでしょうか。

約4割の水素分子が体内で消費される、つまりは何がしかの反応をしていることが研究によって証明されています。

そのうちで代表的なものを見てみましょう。

活性酸素を無毒化

水素水の反応の中で最も知られているのがこの活性酸素の無毒化です。

活性酸素とは大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物へと変化したものの総称であり、一般的には4種類あるとされています。この4種類ある活性酸素の中で「ヒドロキシルラジカル」というものが生体を損傷させる、と言われています。

活性酸素全てが悪役であるというわけではありません。活性酸素は体内で細菌などの異物を攻撃する役割を持っています。異物を攻撃するものとしては白血球がよく知られていますが活性酸素はこの白血球とともに活動し、人体の免疫機能を担っています。なので人体にとって活性酸素は必要な物質なのです。

問題は活性酸素の機能は非特異的であること、非特異的とは簡単にいうと正常な細胞まで無差別攻撃してしまうことです。これによって生体損傷を引き起こし、ガンや老化の原因となっているということです。なので活性酸素が増えすぎると困るわけです。

この活性酸素を無毒化するものとして期待されるのが水素水です。

水素水に含まれる水素が体内で活性酸素と反応して水に変わります。(中学の科学で習った化学反応式です)そして体外に排泄されていきます。増えすぎると困る活性酸素を減らす効果があります。

ちなみに喫煙は活性酸素を増やします。このことからも喫煙は体に悪いことが分かります。

ウィキペディアから一部を抜粋、参考としました。

抗酸化作用をもつ

抗酸化作用も上で説明した活性酸素の除去と重複する話ですが、活性酸素によって細胞が酸化することもよく知られています。酸化とは金属が錆びることも酸化と言いますね。「老化すると体がサビる」などと言われるのはこのためです。近年アルカリ性食品が注目されているのも酸性を中和し、体を酸化させないためです。ミネラルウォーターなどでph値が表示されているのはアルカリ性であることをアピールするためです。

この体が酸化することが老化や肌のシミ・シワなどの原因とされています。

この酸化の原因とされるのも活性酸素の中の「テトロドキシルラジカル」です。これを無毒化し、体外に排泄させるので抗酸化作用を持つ、酸化を防ぐと言われています。

水素水の選び方

簡単ではありましたが水素水の機能が分かってもらえたでしょうか。

次は水素水の選び方を解説します。

アルミパックが多い理由

水素水商品は市場に増えてきていますがアルミパックの商品が多い理由を説明します。

水素分子は最も小さい分子であり大半の物質の間をすり抜けて空気中へ飛んでいってしまいます。水素水に含まれる水素も例外ではなく、通常は放っておくと水素がどんどん抜けていき、ただの水になってしまいます。

このどこかへ飛んで行っちゃう水素が通り抜けられないものの中にアルミニウムがあります。水素はアルミニウムを通過できません。この性質を利用し、水素水をアルミパックにすれば水素が抜けずに保存できるというわけです。一度封を切ってしまうと水素が抜けやすくなるため、少量の飲みきりサイズで売っています。

これのデメリットは単価が高いことです。また、継続して飲み続ける場合はゴミが大量に出ます。

ペットボトルでは気が抜ける

先ほど水素はアルミニウムを通り抜けられないと説明しましたがペットボトルは通り抜けます。ペットボトル入りの水素水は最近見かけなくなりましたが、これの場合は流通段階やお店に並んでいるうちにどんどん水素が抜けていってます。製造から数日もしないうちにただの水になっているでしょう。

もし見かけても買わないほうがいいです。

スティック型

このスティック型はお手軽に始められるので初めての方がお試しで使うのにちょうどいいです。

スティック型はアルミニウムを反応させて水素を発生させるものです。付属のペットボトルにお水を入れて、水素発生スティックを入れて・・・待つ。

生成の時間は長いものだと数時間の物もあります。アルミパックに比べると安く利用できますが生成時間が長すぎるのであまりおすすめできません。

サーバーやポットの設置

近年流行りの形です。

スポーツクラブなどに通っている方は恐らく見たことがあると思いますが、水素水を生成できるウォーターサーバーが設置されていて、専用の容器を買って水素水も有料というのが主流でした。ここ数年でこのような水素水生成ウォーターサーバーの家庭用が普及してきています。家庭用とは言え水素濃度は申し分なく出来立ての水素水がいつでも飲めるということで人気があります。

前述の通り、水素水に含まれている水素は出来上がりの瞬間からどんどん抜けていきます。なので生成から飲むまでの時間が短ければ短いほど効果的です。家庭で水素水を生成し、出来立てを飲むことが水素水の効果を最大限引き出す飲み方です。また、水素水を飲むベストの時間帯は朝です。体が活動を始めてから活性酸素が発生します。なので活性酸素が増え始める前の朝一番に水素水を飲むのがベストです。また、一度に大量に飲んでも水素を取り込める量には限界があるので一度に飲む量よりも飲む回数を増やしたほうが効果的です。(例えば朝昼晩のように)このように飲むならば家庭で水素水を作れたほうが便利ですね。

この方法のデメリットは初期投資がかなりの金額になるということです。水道水を利用できるタイプなら一回飲むごとに払うわけではないので長い目で見ればお得です。とは言え初期費用の高さからなかなか手が出ないという方も多かったのですが、近年価格の下落によって家庭への普及が進んでいます。これも技術革新のおかげかなと思います。

私が厳選したサーバーは下記のガウラです。水素濃度の高さはもちろん、水道直結方式と自動洗浄機能によって面倒なメンテナンスは少なく、出来立ての高濃度水素水をいつでも飲むことができます。下の画像をクリック(指タッチ)するとメーカーのホームページに移動できます。興味のある方は見てみてください。

また、サーバーはデカい!という方にはポット型のハンディタイプもあります。

こちらも私が厳選したルルドというものを紹介します。水道水を利用できるためコストが安く、水素発生カートリッジは3年分プレゼントと太っ腹です。ルルドの強みは水素水だけではなくオゾン水まで作れちゃう多機能ぶりです。面倒なメンテナンスはこのオゾン水のおかげでほとんど負担なく利用できます。詳しくはメーカーホームページをどうぞ。

このページのまとめ

水素水はまだまだ研究段階の分野もおおく、可能性はたくさん秘めています。すでに効果に関しては実証済みの物も多く、水素水を飲んで体の不調が軽くなったとの声も多くあります。

様々な水素水関連商品が発売されていますがそれぞれにメリット、デメリットがあるのであなたに合う利用方法をぜひ見つけてください。

topbot

ページトップへ戻る