Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ウォーターサーバーの仕組み、一台で冷水・温水はなぜ出るの?

ウォーターサーバーの温水・冷水

ウォーターサーバーの仕組みを解説

近年普及が広がっているウォーターサーバー。夏は冷たい水、冬はお湯でホットドリンクが手軽に飲めて便利ですね。このウォーターサーバーの仕組みについて、一台で冷水・温水が出せるのはなぜか気になっている方、仕組みを知りたい方が多いようです。

この記事では気になるウォーターサーバーの仕組みについて解説します。

また、ウォーターサーバーを使うなら知っておきたいこれだけはやっちゃダメ・NGなことをお知らせします。

記事の後半では便利な各機能を紹介します。ウォーターサーバーは冷水・温水が出せるだけじゃないんです。

ウォーターサーバーは冷水・温水それぞれのタンクを内蔵している

ウォーターサーバーの仕組み

上の写真はうちで使っているウォーターサーバーのラベルです。赤枠の中に定格消費電力と定格容量とあります。これは冷水器と湯沸器(温水)の二つが中に入っているという事です。定格容量とは冷水・温水それぞれのタンクの大きさを示しています。

ウォーターサーバーの内部で冷水器、温水器のタンクがそれぞれ温度管理をしているのでいつでも冷水・温水が出せる仕組みになっています。

冷却方式は大きく分けて2種類

ウォーターサーバーの冷水タンクの冷却方式は大きく分けると2種類あります。

  • 電子式(ペルチェ式)
  • コンプレッサー式

電子式とはペルチェと呼ばれる電子部品を使用する方式で、ペルチェに電流を流すと温度が下がる仕組みを利用して水を冷却します。この方式のメリットは消費電力が少ないので省エネであることです。デメリットは冷却に時間がかかります。小規模な個人使用に向いているとされています。

コンプレッサー式は冷却タンクに冷媒を設置し、お水を循環させて冷却する方式です。この方式のメリットは大容量のタンクでも短時間でお水を冷却できることです。デメリットは大きく、重くなるので大容量の業務用などに適していると言われています。

温水タンクは電気ポットと同じ構造

冷水タンクの仕組みには2種類ありますが温水タンクはほぼ共通する仕組みになっており、電気ポットと同じ構造が利用されています。

温水タンク内に金属の棒があり、その棒に電流を流すと加熱できる、という作りになっています。

消費電力は温水タンクが圧倒的に大きい

ウォーターサーバーの仕組み

先ほどと同じ写真をも一度見てもらいますが、定格消費電力に注目してください。冷水機は80Wに対して湯沸器(温水タンク)は350Wを消費しています。その差は4倍以上です。

この消費電力の大きい温水タンクをいかに節電できるかがウォーターサーバーの電気代を安くできるかのポイントになってきます。省エネ機能付きの機種は温水タンクに工夫がしてある場合がほとんどです。

ウォーターサーバーでこれはやっちゃダメ・NGなこと

ウォーターサーバーの仕組みが分かったところで次はやっちゃダメ・NGなことをお知らせします。

節電のためにスイッチを切るはNG

節電のためとはいえウォーターサーバーのスイッチを切ってはダメです。ウォーターサーバーは保冷・保温することで内部に雑菌が繁殖することを防いでいます。この仕組みのおかげで衛生的なおいしいお水が飲めるのです。水道水とは違って防腐剤(カルキ)が入っていないので常温では品質が劣化しやすくなっています。

分解はNG

ウォーターサーバーを分解することはNGです。絶対にやめてください。

ウォーターサーバーは多くの場合、レンタル品です。お水の定期購入をすることを条件に貸してもらっています。「分解は禁止、分解したら弁償」などの利用規約が決まっています。内部の仕組みが気になるからと言っても分解は禁止です。もし、不具合時はメーカーに任せましょう。不良品であれば交換などの対応をしてくれます。

本体を購入した場合でも自己責任になるので分解はおススメできません。補償などが受けられなくなります。

冷水・温水だけじゃない。各機能の紹介

ウォーターサーバーに一般的に備わっている各機能を紹介します。人気の秘密はこの多彩な機能のおかげなんです。

チャイルドロック

通常の家庭用のウォーターサーバーであればほぼ全てにチャイルドロックがついています。これはお水を出すためには「ボタンを押しながらレバーを押す」や、「2つのボタンを同時に押す」など2種類のアクションを同時にする必要がある機能のことです。これがあれば子供のいたずらで水やお湯が出ることが難しくなり、やけどなどを防ぎます。

子供は学習能力が高いので子供が見ている前でチャイルドロックを解除しないことが大事です。見て覚えてしまいます。

大人だけの家庭など、チャイルドロックが必要ない場合はメーカーによっては無しの仕様もあります。これならワンタッチでお水が出るので手軽に飲めます。

転倒防止チェーン

ウォーターサーバーが家庭用に普及したきっかけが東日本大震災でした。福島原発の事故によって水道水から放射能が検出されて安全なお水を買い求めるようになったのです。

地震の備えとしてウォーターサーバーを置いたのに、それが地震で倒れたら危険ですね。このような理由で転倒防止チェーンが標準装備の機種が増えています。万が一の時も安心ですね。

オートクリーン機能

ウォーターサーバーは長い期間使うものです。内部に雑菌などが繁殖しないようにオートクリーン機能がついているものが多いです。これは熱湯を本体内に循環させて熱によって殺菌するものです。

オートクリーン機能がついていなくてもエアフィルター搭載で内部に取り込む空気をきれいにしたりなど様々な機能で本体内を清潔に保つ仕組みになっています。

ECOスイッチ・節電機能

近年はウォーターサーバーの電気代を気にする方も多いので省エネ機能は必須です。夜間などの使わない時間帯に消費電力の多い温水タンクの温度を控えめにするなどで節電しています。これにはECOスイッチを押す、光センサーで暗くなると自動で節電するなどの機能がついている機種がどんどん出てきています。

ウォーターサーバーがある暮らしを公開中

ウォーターサーバーがある暮らしを公開しています。到着から設置、使い方、お金など検討中に知りたいことを詰め込みました。下記のリンクからどうぞ。

プレミアムウォーターの本物の口コミ

topbot

ページトップへ戻る