Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

沖縄県で使えるウォーターサーバー特集

沖縄県で使えるウォーターサーバー

「沖縄県はサービス対象外」というメーカーが多い中で、沖縄県で使えるウォーターサーバーを特集します。

ウォーターサーバー本体やお水の選択肢が限定される、送料が本州よりも高いなどの条件に注意が必要です。沖縄県内在住でウォーターサーバーを使いたい方は比較検討に役立ててください。

アクアクララ

アクアクララは沖縄本島に代理店が2社あり、サービス網は充実しています。本島であれば送料無料です。

離島など、サービス対象外エリアもあるので本島以外にお住まいの方は申し込み前に確認をお願いします。メーカーのホームページで郵便番号を入力すればサービス対象エリアかどうかすぐにわかります。下の画像からどうぞ。

うるのん

うるのんは沖縄で富士山の天然水が飲める数少ないメーカーです。

注意点としては送料が高いことです。お水代とは別にボトル1本あたり1,500円(税別)がかかります。

サービス対象エリアは「クロネコヤマトのサービス対象エリアに準ずる」となっています。うるのんではお水もウォーターサーバー本体もクロネコヤマトで配送されるからです。本島以外の一部離島でもいけそうですね。

お水の送料は高いですが、沖縄で富士山の天然水が飲める希少なウォーターサーバーです。下の画像からどうぞ。

うるのん

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターを沖縄で利用する場合は南阿蘇の天然水を利用出来ます。

送料はエリアによって異なります。

  • 沖縄本島:200円
  • 石垣・宮古島エリア:650円
  • ※いずれも税別。2本1セットあたりの送料

沖縄でプレミアムウォーターを利用する場合は本体は「スリムサーバー」に限定されます。

とは言え、カラーはホワイト・ピンク・ブラックの3色から、サイズもロングタイプ・ショートタイプの2サイズから選べるので他社と比べても選択肢が特別少ないとは思いません。

送料もボトル2本につきなので1本あたりで考えればそこまで高額とは言えないと思います。

サーバー本体レンタル料も無料なのでお得です。下の画像からどうぞ。

あわせて読みたいページ

沖縄の水について

那覇市上下水道局によると沖縄県は地質の影響により本州よりも水道水の硬度が高いそうです。地域によっては異なるようですが、本州の倍に近い硬度のエリアもあるとのこと。

水道水はもちろん国の基準はクリアしていて安全ですが、硬度が高い水を飲ませるべきではない人がいます。それは赤ちゃんです。

赤ちゃんのミルクには軟水を使うべき

赤ちゃんは内臓機能が大人と比べて未発達なため、ミネラル成分が多い(硬度が高い)お水を飲むとお腹を下してしまう事があります。そのためミルクのメーカーは軟水で調乳することを推奨しています。また、ミルクの味も硬水だとおいしくないそうです。

赤ちゃんがお腹を下しやすい場合はお水の硬度に問題があるかもしれません。沖縄県は本州と比べて暑いので下痢で水分を失うと脱水症状のリスクが高まります。心当たりのある方はウォーターサーバーで本州の軟水でミルクを作ってみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんはもちろん家族みんなの水分補給に。ウォーターサーバーは便利ですよ~

本島であれば送料無料。アクアクララ

沖縄で富士山の天然水が飲める。サービスエリアも広い。うるのん。

うるのん

当サイト管理人も使用中。プレミアムウォーター

あわせて読みたいページ

topbot

ページトップへ戻る