Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

【熱中症になったら】発熱・吐き気・頭痛時の応急処置

熱中症

熱中症かも?と思ったら

このページでは

  • 熱中症の症状・見分け方
  • 熱中症になったらどうするべきか
  • 熱中症のその後、後遺症は残るの?

をお伝えします。熱中症の症状と症状のレベル別の対処方法と応急処置について、救急車を呼ぶべきか、回復後に通院すべきかの判断材料をお知らせします。

これって熱中症かも?と思った方、熱中症になったらどうすべきか、応急処置や対応について知りたい方は読んで下さい。

熱中症の代表的な症状

熱中症の代表的な症状をお伝えします。

当てはまる場合は熱中症にかかっている可能性が高いのですぐに応急処置をしましょう。重度の場合は救急車を呼びましょう。

  • 軽度の症状:めまい・冷や汗・一時的な意識障害・手足のけいれん(しびれ)・筋肉痛・手足がつる(こむら返り)
  • 中度の症状:全身がだるい(倦怠感)・吐き気・頭痛・40℃位の熱
  • 重度の症状:40℃以上の高熱・汗が出ない・意識障害(呼びかけても反応が薄い)

軽度の症状(熱失神・熱けいれん)

軽度の症状に挙げたものは以前は「熱失神」・「熱けいれん」と呼ばれていました。

人体は体温が上がると体の熱を逃がすために皮膚の表面に近い部分に多く血を流して外気に触れさせようとします。このため脳への血流が少なくなってめまいや意識障害を起こします。これが熱失神の正体です。この症状が出た場合は日陰などの涼しいところで横になり、足を頭よりも高くして脳への血流を促します。

熱けいれんは水分補給の際に水だけを飲んでいて電解質(塩分やミネラルなど)を補給しなかった場合におこります。血液の濃度が薄くなったイメージです。けいれんや筋肉痛・こむら返りなどがあった場合は水ではなくスポーツドリンクやOS-1のような経口補水液で電解質も一緒に補給します。

中度の症状(熱疲労)

中度の症状は以前は「熱疲労」と呼ばれていた症状です。

嘔吐や吐き気のために自力での水分補給が難しい場合は無理に飲ませようとせずに病院へ行きましょう。頭痛や発熱を放っておくと脳にダメージを受けます。この段階でも意識がもうろうとしている場合は救急車を呼びましょう。

重度の症状(熱射病)

重度の症状は以前は「熱射病」と呼ばれていました。

この段階までくると極度の脱水症状のため汗も出なくなります。皮膚は赤く、乾いています。40℃以上の高熱、特に42℃を超えると生命維持に支障が出ます。意識障害のため呼びかけても反応がない、または反応が薄くなります。

この段階まで来た場合はかなり重篤な症状です。迷わずにすぐに119番通報しましょう。

子供の熱中症の見分け方

幼い子供の場合は自分で症状を言葉にできないので親が見分けることが大切です。下記の点に注意して様子を見ましょう。

  • おしっこが出ているか
  • 汗の出方はいつもと違うか
  • いつもと比べて泣き方が違うか

特におしっこは出ているか?は保育士などのプロでも基準にしているチェックポイントです。脱水症状が進むとおしっこが出なくなります。おしっこ、汗、泣き方がいつもと違うか、同じか。真夏は特に気を付けましょう。

子供は大人と比べて体温調節機能が未発達で、身長が低いため地面から近くてアスファルトからの照り返しの熱を受けやすいので熱中症になりやすいです。サインが出ていると感じたら無理をせずに涼しいところで休憩しましょう。

熱中症になったら・応急処置の方法

熱中症になったら応急処置をします。症状が重く、救急車を呼ぶ場合も待っている間に応急処置をするかでその後の経過は変わります。下記の手順と方法で応急処置を行いましょう。

まずは体を冷やす

まずは体を冷やすことを最優先します。屋外であれば日陰などの涼しい場所へ移動して、衣服を緩めて楽な姿勢にします。室内の場合はクーラーの効いた部屋へ移動します。

太い血管が通っている首・両わき・足の付け根に冷たいものをあてて直接冷やします。冷却グッズなどを使うと効果的です。タオルを水にぬらして軽めに絞り、首に巻くと即席の冷却グッズになります。

意識がある場合は水分補給

意識がある場合は安静にし、水分補給をします。

水分補給の注意点として水分と一緒に電解質も補給します。食塩水やスポーツドリンク、OS-1のような経口補水液が効果的です。梅干しや塩アメなどがあれば食べましょう。熱性けいれん(手足のしびれ・こむら返り)などを引き起こす可能性があるので水だけを大量に飲むことは控えます。

意識がない場合は無理して飲ませない

意識がない場合は無理して水分を飲ませないことが重要です。口に流し込むと気管などに入る可能性があるので止めましょう。

症状が軽度であれば、涼しく安静にしていれば意識がはっきりして自力で水分を飲めるようになることもあります。発熱や嘔吐などがなければ少しの間様子を見ましょう。

救急車を呼ぶ判断

意識が無く、高熱・汗が出ない・嘔吐などの重度の症状があれば救急車を呼ぶべきです。意識があっても吐き気などで自力で水分補給ができない場合も救急車を呼びましょう。

熱中症は命にかかわる病気であることを認識し、迷わずに119番通報しましょう。

症状が回復した後でも手足のしびれや吐き気、だるさ(倦怠感)があれば診察を受けに行きましょう。

熱中症で病院に行ったらどんな治療をするの?

熱中症で病院に行ったらどんな治療をするのでしょか。

よほどの重度でもない限りは点滴をすれば回復します。点滴によって水分、電解質を補給します。内蔵機能に障害などが出た場合は人工透析をする場合もあります。ここまで来たら入院が必要です。カテーテル挿入によって強制的に冷却をすることもあるそうです。

いずれにせよ早めに処置をすれば重篤化は防げるのですぐにお医者さんに診てもらいましょう。

熱中症その後・後遺症は残るの?

熱中症になった後には後遺症が残る場合もあります。熱中症を経験した方の中には症状は軽度であっても以前と感覚が違うな、と感じることもあるそうです。実際の症例には下記のようなものがあります。

  • 自律神経(体温調節機能など)の障害
  • 幻覚、視力低下など感覚機能の障害
  • ろれつが回らない、けいれん、運動障害など
  • 肝臓、腎臓などの内臓機能障害

脳は熱に弱いので熱中症のような高熱の状態が長時間続くと脳細胞が死滅することもあります。脳の損傷が大きいほど後遺症は重くなります。

熱中症の症状は何日続くの?

熱中症の症状は何日くらい続くのでしょうか。

個人差はありますが頭痛・発熱が3~4日続いたという人もいれば一週間続いたという人もいます。自律神経の不調がしばらく続く場合もあります。こういった方たちは後遺症というよりも熱中症が治るのに時間がかかったと言うべき症例です。

熱中症の症状が出た場合は軽度であっても数日は安静にし、スポーツなどは控えましょう。

熱中症のQ&A

熱は何度くらい出るの?

A・熱中症では40℃~40℃以上の高熱が出ます。特に42℃を超えると生命の危機なのですぐに119番通報しましょう。

風邪やインフルエンザの場合はウイルスに対抗するために自発的に発熱しています。この場合は脳が40度を超えると自分の体を傷つけると分かっているのでそこまでは上がりません。一方で熱中症の場合は自発的ではなく外部的要因で体温が上昇しているので歯止めがききません。これが熱中症の恐ろしいところです。

子供の熱中症と風邪の見分け方は?

A・おしっこが出てない、汗のかき方が異常、鼻水が出ていない、呼びかけに応じない、などに当てはまっていると熱中症の可能性があります。子供は体温調節機能が未熟な上に症状を伝えられません。注意深く様子を見ましょう。

熱中症が発症しやすい時期は?

A・7~8月が特に多くなります。また、6月・9月にも発症件数があります。暑くなり始めの時期は体が暑さになれていないという事もあるので気を付けましょう。「熱中症指数」が発表されるのでこれを参考にして下さい。これは数値が高いと熱中症が発症しやすい目安になるものです。熱中症指数またはWBGTと検索すればすぐに見ることができます。

気温は何度で発症しやすいの?

A・熱中症は28℃を超えると発症件数が増えると言われています。しかし、気温が低くても湿度が高いと発症しやすくなります。気温が24℃で湿度が88%で発症件数が増えていきます。梅雨の時期は気温だけの判断は控えましょう。

このデータは東京消防庁から引用しました。

湿度が高いと汗が蒸発しづらくなります。汗が蒸発しないと体温を下げる効果が得られないので熱中症になりやすくなります。プールの中でも同様のことが起こります。気温が低くても甘く見ることは禁物です。

熱中症になりやすい人はどんな人?

A・高齢者と子供は熱中症になりやすいです。体温調節機能が未熟または衰えているので体温が上がりやすいためです。高齢者は喉の渇きを感じづらいとも言われています。

次いで患者が多いのは10代です。これは部活などのスポーツ中の発症が多いためです。

荷物にならない熱中症対策グッズは?

A・水分補給の他に塩分も補給したほうがいいので梅干しや塩アメのようにすぐに口に入れられる食品がいいですね。他には大きめのハンカチやタオルがあると便利です。濡らして首に巻けば即席の冷却グッズになります。これならそれほどかさばらないので持ち歩くと安心です。

熱中症の発生場所はどこが多い?

A・「住居等居住場所」つまり室内での発症が一番多いです。意外に思われるかもしれませんが炎天下の外よりも室内のほうが件数が多くなっています。

年齢別のデータを加えると5歳以下の幼児と高齢者が室内で発症するケースが最も多くなります。室内にいてクーラーをつけていないことがほとんどです。クーラーは体に悪い、もったいないなどと言わずに適度に使いましょう。

このデータは東京消防庁から引用しました。

水分補給の注意点は?お水の飲みかたは?

A・水分は一気に大量に、ではなく少しずつ何度も飲むほうがいいです。「ちょこちょこ飲み」をおすすめします。一度に大量に飲むと吸収しきれずに尿として排出されてしまいます。また、冷たいものを一気に飲むとお腹を下します。下痢によって水分を失うと熱中症リスクが高まります。

喉が渇いていなくても1時間に一度を目安に水分補給しましょう。喉が渇いてからじゃ遅いです。量はコップに1杯くらいが適量です。

ウォーターサーバーがある生活を紹介しています

筆者は自宅での水分補給にウォーターサーバーを利用しています。

とても便利なのでおすすめです。レビュー記事もどうぞ。

topbot

ページトップへ戻る