麦茶はカフェインゼロ。妊娠中の水分補給に

麦茶

麦茶はカフェインゼロ。妊娠中の水分補給に

妊娠中はホルモンのバランスが大きく変化するため、
通常時よりも発汗する機会や発汗量が増加傾向になり、
喉の渇きを強く覚えるようになります。

しかも、悪阻が顕著な妊婦の事例では嘔吐の頻度が多くなると、
体内において水分量が減少し脱水症状を誘発する恐れもあるため、
水分補給の必要性は高いです。

体内に胎児が存在しており、
母親が口にした栄養素が直接的に胎児に届くため
口にする飲み物にもシビアになりますが、
安心安全に妊娠中の水分補給をすべく役立つのが麦茶です。

妊娠中の母親は摂取する成分を吟味して選定していますが、
特に注意深く扱うのがカフェインであり、
一般的にカフェインと言えばコーヒーに含有されていると考えられているものの、
実際には日本人に馴染み深い緑茶にも含有されており、
玉露に関しては突出して高いカフェイン含有量です。

そのため、飲み慣れていて馴染み深い飲み物でさえ
妊娠中の水分補給には適さない事例が少なくないですが、
麦茶はカフェインゼロなので母体はもちろん
お腹の中に存在している胎児にも全く問題ありません。

さらに、妊娠中の水分補給として麦茶が最適なのは
麦茶はカフェインゼロという特徴の他に
発汗により失われてしまう
カリウムやリン、ナトリウムというミネラル分も
豊富に含有されていてミネラル補給もできるためです。

麦茶は赤ちゃんにいつから飲ませていいの?目安と理由

麦茶は赤ちゃんはいつから飲ませていいのかは、
人によって意見が違います。

自分の経験上はそろそろ乳離れの時期に差し掛かる、
生後半年を目安にして麦茶を与えるようになりました。

新生児の場合はミルクから飲み物を変える時期があり、
ミネラルも豊富なので飲料としておすすめです。

もう一つ理由があり、カフェインの合有量がゼロなので、
寝付きが悪くなる心配もないのです。

赤ちゃんに与える麦茶は
薄目に作るようにして、
大人が飲むよりもあっさりした味に調整します。

お湯を沸かして麦茶のパックを入れ、
煮立たせてから冷まします。

麦茶の温度が下がったら、
事前に一度沸騰させて、
冷ましておいた水を加えれば麦茶の濃さを調節できます。

これを冷蔵用のポットに入れて冷蔵庫へしまえば完成です。

こうして薄めに作った麦茶なら
赤ちゃんがミネラルを取りすぎて
お腹がゆるくなることも防げます。

妊婦・赤ちゃんの水分補給には
カフェインゼロの麦茶をおすすめします。

ウォーターサーバーのお水で作れば
麦茶はもっと美味しいい。
妊婦・赤ちゃん向けのキャンペーン情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました