Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ウォーターサーバーと浄水器の違いを比較

シンク

ウォーターサーバーと浄水器をいろいろな角度で比較

ウォーターサーバーと浄水器をいろいろな角度から徹底比較してみます。

このページでは

  • コスト
  • 設置スペース
  • 利便性
  • 美味しさ

などの見方から両者を比較し、メリットとデメリットをお伝えします。あなたにとってベストな選択をするための判断材料を提供します。

ウォーターサーバーと浄水器のコスト面を比較

ウォーターサーバーはランニングコストがかかる

ウォーターサーバーを使うにあたってかかるお金は

  • 初期費用は無料がほとんど
  • お水代は1か月あたり3,000円前後から
  • サーバー本体レンタル料1か月あたり1,000円前後(無料の場合あり)
  • 電気代1か月あたり800円前後
  • 長期使用の場合はメンテナンス料金

ざっと計算すると上記のような金額になります。

水代は安いメーカーなら1リットルあたり100円くらいからありますが、天然水の場合は1リットルあたり200円くらいになります。

基本的には12リットル入りのボトルを月に2本以上注文など最低注文数が決まっているメーカーが多いので常に使い続ける必要があります。

サーバー本体のレンタル料は水代が安いメーカーの場合は1,000円くらいかかりますが、水代が高いメーカーは無料レンタルの場合も多いです。

電気代はメーカーの発表で月に800円くらいになります。

うちでも実際に使っていますが毎月5,000~6,000円くらいは最低でもかかっています。夫婦と幼稚園児の3人家族で標準的な水使用量だと思います。

これに長期利用の場合は数年に一度の本体のメンテナンス費用が必要になります。

ウォーターサーバーのメリットは初期費用がかからないことです。ほとんどのメーカーで本体の送料や設置費用を無料でやってくれます。最初はボトル2本サービスなどのキャンペーンも多いので初めのうちはお金がかかりません。

使い始めに設置工事などが必要な浄水器と比べると気軽に始められます。

浄水器にかかるお金

浄水器を使うにあたってかかるお金は

  • 浄水器本体の購入費用
  • 設置工事費用(業者に依頼した場合)
  • フィルター(カートリッジ)代に年10,000円前後

浄水器本体の購入費用と設置工事の代金は全て初期費用となります。使い始めにまとまったお金が必要になるという事が結構な負担になりますね。いくらかかるかは本当にピンキリで数千円~数十万円までと大きな開きがあります。

この初期費用さえ払ってしまえばあとはフィルター(カートリッジ)代くらいしかかかりません。なので家計の計算はしやすいとの印象を持っています。

浄水器は取り付けタイプで分けると高い順から

  • ビルトイン
  • 浄水器内蔵型蛇口
  • 蛇口直結型

の3種類があり、それぞれにメーカーも豊富なので選択肢はかなり多くなります。

ビルトイン浄水器の場合

ビルトイン浄水器とは別名アンダーシンクとも呼ばれるシンクの中に浄水器を設置するものです。専用と兼用があり、専用型は浄水用の蛇口を新設するものなので蛇口が2本になります。別途穴あけ工事が必要です。

価格はTOTOなど国産メーカーの場合は本体が3万円くらいからあります。性能的にはシーガルフォーというメーカーが良いみたいですが10万円くらいします。例えば下記のように通販でも購入、取り付け工事ができます。


シーガルフォー 浄水器 X1-MA02 ビルトイン 浄水専用水栓 ビルトイン浄水器 シーガルフォー浄水器 ビルトインタイプ 浄水機 システムキッチン ビルトインシステム シンク下 アンダーシンク【送料無料】

ビルトインの場合は現在の水道が1つ穴か2つ穴か、とかシンク下に設置スペースがあるかなどを調べる必要があります。

浄水器内蔵型蛇口の場合

浄水器内蔵型の蛇口にする場合も現在の水道が1つ穴か2つ穴か、などを把握しないと機種の選定ができません。価格は本体価格が2~3万円くらいからあります。

下記の写真は1つ穴の兼用タイプです。

シンク

蛇口直結型浄水器の場合

一番安く使える浄水器として蛇口直結型があります。取り付けアダプターが数種類付属になっているのでよほど特殊な形の蛇口でない限りは取り付けられます。工事なども必要ないし、価格は数千円からあるのでお試し利用にもおすすめです。下記の東レのトレビーノはロングセラーですね。


【送料無料】東レ 浄水器 トレビーノ スーパータッチ SX903V [SX903V]【OSJ】

浄水器には取り付けタイプの他にメーカーや価格、フィルターの種類による浄水能力、現在の水道に取り付けできるか、など機種選定のポイントがたくさんあります。

浄水器は使い初めのハードルが高い

浄水器は選択肢の多さと、そもそも「うちの水道に取り付けできるのか」という疑問を解決する必要があります。

水道管が壁から出ているタイプか、シンクの上についているタイプか。1つ穴か、2つ穴か。蛇口のメーカーはどこか?など様々な要素を踏まえて選ばなくてはなりません。機種の選定から取り付けまですべて業者に任せる場合は心配はいらないかもしれませんが、自分で取り付けをする場合は事前に知識がないと厳しいと思います。

浄水器を自分で取り付けた方の体験談で、浄水器をつけたら水の出が悪くなった。水道屋に確認したら「規格の合わない浄水器を付けたせいで水圧不足で温水タンクに水が逆流している」と言われた、というものもあります。この場合は補償やアフターサービスは受けられず自己責任となるので自分でやる場合は覚悟してやりましょう。

業者に任せる場合は信頼できる業者に注文すべきです。海外製の何十万もするような浄水器を買わされたという話もよくあります。間違っても訪問販売だけはやめましょう。

賃貸住宅にお住いの場合は取り付け工事の大家さんの許可は必要か、退出時の原状回復はできるか、といったことまで考えるべきです。

こういったことをクリアして取り付けが完了すればあとはフィルターカートリッジの定期的な交換だけなので大変なことはほとんどありません。

コストについてまとめると下記の表のようになります。

  ウォーターサーバー 浄水器
初期費用 ほとんどが無料
キャンペーンでプレゼントもあり
本体の購入費
工事費・見積費
(合わせて10万単位になる場合も)
ランニングコスト

水代(月3000円くらい~)
電気代(月数百円)
長期利用の場合はメンテナンス費用

カートリッジ代
(年に1万円くらい)

ウォーターサーバーと浄水器を設置スペースで比較

ウォーターサーバーは置き場所の確保のみ

ウォーターサーバーは置き場所が確保できれば使い始めの心配はしなくていいです。床におけるロングタイプと、卓上に設置できるショートタイプがあるのでキッチンのカウンターなどにも置けます。電源コードが届く位置なら問題ありません。

浄水器はイメージ以上に場所をとる

浄水器はこれから取り付けようという方にとっては結構場所をとります。例えばアンダーシンク型の場合はキッチン下の収納スペースを片付ける必要があります。もともと狭い場所なので存在感があります。新築の時からついているという場合を除けば邪魔にならないと言い切れるのは蛇口直結タイプぐらいですね。

ウォーターサーバーと浄水器を利便性で比較

ウォーターサーバーは手間がかかる

ウォーターサーバーを使うには手間がかかります。まず代表的なのはボトルの交換です。水がなくなるたびにボトルの交換をします。多くの機種で12リットル入りのボトルが採用されています。これをみぞおちくらいの高さまで持ち上げる必要があります。腰痛には注意です。

最近では女性でも扱いやすいように軽量パックを採用しているメーカーも増えてきました。軽量パックであれば6リットル程度からあるので女性でも持ち上げやすいですが、量が少ないので交換の回数が増えるのがデメリットです。

ボトルを受け取る手間もあります。定期配送の設定をする契約が多いですが、自社のスタッフによる配達と宅配業者での配達の会社があります。

自社スタッフによる配達をする会社の場合は要返却のガロンボトルを使用しています。この場合は配達時に不在であれば玄関先に置いて帰る「置き配」をされます。一戸建ての場合は問題ありませんが集合住宅の場合は廊下に置き配されます。オートロックマンションの場合はエントランスに置いて帰るわけにはいかないので置き配は無理です。オートロックマンションに住んでいて留守がちな会社員の方はガロンボトル方式のサーバーを使うにはかなり厳しいです。

使い捨てボトルを採用している会社なら宅配業者による配達です。宅配業者なら不在時でも再配達してくれます。夜間や休日でも持ってきてくれるので発送予定に縛られることもありません。会社員であれば使い捨てボトルを選ぶべきです。

ウォーターサーバーの手間にはボトルの交換以外には本体の拭き掃除や数年に一度のメンテナンスが必要です。レンタルのサーバーでは丁寧に扱う必要があります。

浄水器は定期的なカートリッジ交換が必要

浄水器のお手入れは定期的なカートリッジ交換が必要です。カビや雑菌が繁殖すると不衛生なのでお手入れは欠かせません。浄水器の場合はカートリッジ交換以外は特に面倒なことはありません。

ウォーターサーバーと浄水器を水の美味しさで比較

美味しさではウォーターサーバーの圧勝

ウォーターサーバーのお水には大きく分けると天然水とROろ過水の二種類があります。

天然水の場合は希少性のあるナチュラルミネラルウォーターで、富士山周辺や九州などの採水地によってミネラル成分や硬度などいろいろ違いがあるので選ぶ楽しみもあります。味はもちろんおいしいです。私は家にウォーターサーバーを置いてから大手飲料水メーカーのミネラルウォーターがマズく感じるようになりました。

ROろ過水はRO膜と言う特殊なフィルターを使ったろ過水です。「水道水をろ過しただけ」と悪い意見もありますが、家庭用の浄水器とは比べ物にならないほど純度が高いろ過水です。さらに人口的にミネラル成分を添加しているメーカーもあるので健康にもいいです。

さらに便利なのはウォーターサーバーは温水、冷水がすぐに出ます。私の意見ではこの温度がウォーターサーバーを使う最大のメリットではないかと思います。コーヒーやお茶もすぐに飲めます。電気ポットやケトルはもう必要ありません。

天然水、ROろ過水いずれを選んでも美味しさでは浄水器に圧勝です。

浄水器は水道水よりはましかな程度の美味しさ

浄水器はもともとの水道水をフィルターにかけただけなので美味しさはあまり期待できません。水道水よりはましかな、と思う程度です。家庭用の浄水器の性能はRO膜にはかないません。

浄水器の利点としては常温の水が出せることです。ウォーターサーバーは衛生的な面から保温、保冷を常にしているので常温の水は出せません。お腹を冷やしたくないので常温の水が飲みたいという女性の意見もあります。

浄水器には美味しさよりも常温の水を求める方からの支持があります。

ウォーターサーバーのお水は備蓄水としても使える

ウォーターサーバーのお水は備蓄水としても使えます。電源が切れてもお水は出せる機種も多いので災害などいざという時にもお水は出せます。

ライフラインが止まった時は飲み水の確保は必須なのでウォーターサーバーのお水を備蓄水として用意しておけば安心です。

浄水器は水道が止まったら使えないので備蓄の手段としては使えません。

ウォーターサーバーはお湯がすぐに出てミルク作りに便利

私が実際にウォーターサーバーを使って最も便利に感じたことはミルク作りです。沸かす時間も手間も必要なくすぐにミルクが作れます。特に夜中は助けられました。

ポットのお湯だと臭くて飲まないし、ケトルで沸かすと熱すぎるし。

赤ちゃんがいる家庭こそウォーターサーバーは必須です。子育て世帯限定のキャンペーンもあります。

料理に使う場合は浄水器に軍配

ウォーターサーバーのお水を料理に使おうとするとちょっと面倒です。水の出がちょろちょろとゆっくりで時間がかかるし、置き場所まで汲みに行かなきゃならないし。

このサイト内でもお米を炊いたレビュー記事を書いているので参考にしてほしいのですが手間の割には利益は少ない感じです。鍋や味噌汁などお水の味がもろに影響するものを除いて、料理にわざわざ使う必要はないかなと言うのが私の感想です。

浄水器ならキッチンでそのままきれいなお水が出るので特にデメリットはありません。

実際に両方使った感想とまとめ

うちでは浄水器、ウォーターサーバー両方使っています。両方使った感想を交えて比較をしました。

ウォーターサーバーには毎月5,000~6,000円くらいのお金がかかってます。夏はお水の消費量が増えるのでもっとかかります。8,000円くらいかな・・・結構な出費です。

浄水器は入居当時からついていたので初期費用はかかっていません。カートリッジ代が年で10,000円くらいです。メーカーから毎年お知らせが来ます。(実際のハガキの写真です)

カートリッジのお知らせ

ネットで探したら少し安いのが見つかったので通販で買ってます。

うちについている浄水器の価格をネットで調べたら3万円くらいでした。工賃込だと5万くらいかな?このお金を払うなら浄水器はいらなかったと思っています。新築当時からあるので使っている、という状態です。

浄水器が便利と感じる場面は料理に使うときくらいですね。蛇口から直接鍋やお釜などに入れられるので運ぶ手間が省けます。

ウォーターサーバーのメリットは温度と備蓄

ウォーターサーバーのメリットは冷水、温水がすぐに出るということです。

冷蔵庫からの出し入れもする必要がなく、すぐに冷たい水が飲めます。

お湯もすぐに出るので特にミルクを素早く作れたのが夜中に便利に感じました。授乳期のストレスはかなり軽減できたと感謝しています。なので赤ちゃんがいる家庭にはおすすめです。

ウォーターサーバーのお水は備蓄としても利用できます。未開封のボトルは賞味期限が半年です。メーカーによっても違うかもしれませんが大半が数か月保管できます。

多めに注文して日付の古い順から使っていけば飲料水の確保が難なくできます。

東日本大震災直後の買い占め騒動の時期には水が買えなくて困った経験があります。ウォーターサーバーの場合はメーカーに在庫があるので比較的手に入りやすいです。

浄水器の場合はこのようなメリットはなく、出てくる水は常温のみで水道が止まれば使えないので備蓄にはなりません。

ウォーターサーバーのデメリットは電気代と騒音

ウォーターサーバーを使っていてデメリットに感じる点はまずは騒音です。

タンクの冷却をするモーターがついているので冷蔵庫みたいな音がします。モーターが回っている間は振動もあるので、寝室から遠ざけるなどの工夫が必要になります。

寝る前と起床後に水を一杯飲む健康法があり私も実践していますが、これのために寝室にウォーターサーバーを置こうと思っている方は騒音の有無を意識して機種を選定しましょう。

私が実際に使ったコスモウォーターの足元ボトルタイプのらくらくサーバーはかなりの騒音でした。寝室隣のリビングに置いていましたが夜中にコンセントを抜きに行ったことがあるくらいの騒音があります。ボトルが下にあるという事はポンプでくみ上げているという事なのでその音がかなり響きます。フレシャスを使っていたころはこんなことは感じなかったので機種によってこんなに違うのかと驚きました。

電気代に関しては個別に電力消費量を測ったわけではないのですがメーカー発表だと数百円から千円程度がかかります。

ランニングコストを比較すると浄水器の圧勝ですね。

やめることも想定する

ウォーターサーバーはレンタルが基本なのでやめたくなったら返せばいいだけです。

浄水器の場合は買取なのでそう簡単にやめられません。ビルトインや内蔵型の場合は取り外し工事が必要だし、浄水器無しの蛇口に付け替える必要があります。穴あけをした場合は穴が残ります。

うちでも浄水器は必要ありませんが蛇口を付け替えるくらいなら使ったほうがましかな、との思いから使い続けています。

賃貸住宅の場合は原状回復義務があるので、なおさらやめることを想定すべきです。

両方使った感想では圧倒的にウォーターサーバーを支持します。お金はかかりますがそれだけの満足感はあります。

長めの記事になってしまいましたが参考にしていただけたら幸いです。

うちで現在使用中のウォーターサーバー

topbot

ページトップへ戻る