Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

【ウォーターサーバーの引っ越し】水抜きと変更の方法

引っ越し

ウォーターサーバーを使う家族が引越しをする場合にすべきこと

ウォーターサーバーを使っている家族が引越しをする場合にするべきことをお伝えします。ウォーターサーバーは他の家電製品と違い、水抜きが必要だったり本体がレンタルだったり、お水が定期配送されることもあるので変更の手続きなどが必要です。

引っ越しが決まった時点で始めておくべき事前の準備から解説します。

配送エリアの確認とお水の定期配送をストップ

引っ越しが決まった時点でお水の定期配送をストップします。ウォーターサーバーのお水はかなり重く、引っ越しの余計な荷物となります。引越し業者は荷物の総量によって見積もりを出すのでお水が増えるとその分引っ越し料金が高くなる可能性もあります。

また、定期配送のストップ手続きを電話でする場合はあわせて引っ越し先でも使えるかの確認をします。新しい住所が分かっていれば配送エリア内か教えてもらえるはずです。WEBで手続きする場合はホームページ内で配送エリアを調べます。

配送エリア外なら解約

引っ越し先が配送エリア外なら解約することになります。この場合は違約金や解約手数料はかかるかを確認します。多くの業者で使用開始から一定期間内での解約には違約金をかけているので、それがかかるかを確認します。

解約金がなければそのまま解約手続きをしますが、違約金が発生する場合はその領収書は必ず保管しておきましょう。後で必要になります。

解約をする場合は余った水は引き取ってもらえないので、使い切るか捨てるかどちらかになります。なので定期配送のストップは早いほうがいいです。

本体レンタルの場合は要返却

ウォーターサーバーの本体はレンタルという場合が多いです。解約の際には返却しなくてはなりません。うっかり引っ越し屋に運ばれてしまうと下手をすれば泥棒騒ぎです。営業エリア外への持ち出しは厳禁などの利用規約があります。

返却はウォーターサーバーの業者が引き取りに来ますが、すぐに来るとは限りません。特に夏が忙しい業界なので引取依頼から1週間後なんてこともあります。

転勤などで急に引っ越しが決まった場合などは引っ越しの日に間に合わないこともあり得るので早めに連絡しましょう。

ウォーターサーバーを運ぶ場合の注意点

新居でもウォーターサーバーを使える場合は運ぶことになりますが、ただ運べばいいってものではありません。以下の点に注意をしましょう。

本体から必ず水抜きをする

ウォーターサーバーは内部のタンクに水をためて保冷・保温しています。

なのでウォーターサーバーを移動する場合は必ず本体から水抜きをします。水抜きをしないと重いだけではなく運搬途中で水漏れの可能性もあります。

水抜きの方法

水抜きをするには排水コックを緩めるのですが機種によって位置が違ったり、電源を切ってから温水タンクが冷めるまで時間を置くなどいくつか注意点があります。

下記の動画はオーケンウォーターというメーカーの動画です。とても参考になるので水抜きの方法を知りたい方はご覧ください。

あわせて読みたいページ

自分で運ぶ場合は重さや破損に注意

引越し業者に頼まずに自分で運ぶ場合は重いので注意しましょう。床置きタイプなら18kg前後、卓上タイプでも15kgくらいあります。

梱包資材を残しておいてあると言う人は少数派だと思います。運ぶ際は壊さないようにしましょう。レンタルの場合は破損すると弁償などの可能性もあります。

引っ越し屋に頼むのが無難です。

置き場所や色の雰囲気は合うか

  • 新居にはウォーターサーバーの置き場所はありますか?
  • 色や雰囲気は新居にマッチしますか?

引っ越し先の間取りによっては置き場所がないかもしれません。また、置きたい場所にコンセントの差込口はありますか?

壁紙やフローリングの色が変われば合わないかもしれません。

近年ではおしゃれさや見た目でウォーターサーバーを選ぶ人も多いです。実際に置いてみないと分からないことも多いですが見た目も大事です。しっかり検討しましょう。

ウォーターサーバー業者に運んでもらうのもアリ

ウォーターサーバーの業者の中には引っ越しサービスや設置サービスをやってくれるところもあります。有料の場合もあるので確認は必要ですが、近所の場合は無料の場合もあります。

設置後の動作確認などもやってくれるので安心です。

解約して他に乗り換えたほうが安く済む場合もある

ウォーターサーバーを引っ越し業者に運んでもらったり、有料設置サービスなどを利用するよりも他社に乗り換えたほうが安く済むこともあります。

また、メーカーによってはエリアが変わると送料が発生する場合もあります。遠方への引っ越しの場合は特に送料の発生に気を付けましょう。

ウォーターサーバー業界では「乗り換えキャンペーン」というものが頻繁に行われています。これは前述の違約金を肩代わりしてくれるものです。これを利用すれば実質無料で新しいウォーターサーバーを手に入れることができます。

ウォーターサーバーを移動させるためにお金をかけるよりも乗り換えキャンペーンを利用するほうが安く上がることもあります。

これのデメリットとしては、これまでとは違うウォーターサーバーを使うことになるという事です。今使っているウォーターサーバーが気に入っていて、新居でも使いたいという方にはおすすめできません。

乗り換えキャンペーンの利用には違約金の領収書などの提出が必要なので必ず保管しておきましょう。

乗り換えキャンペーンを実施しているおすすめの会社を紹介します。検討したい方はホームページを見てください。

プレミアムウォーター

営業エリアはほぼ全国。天然水を沖縄にも配送してくれる数少ないメーカー。キャッシュバック金額も多くイチオシです。

フレシャス

おしゃれなサーバーと言えば真っ先に出てくるのがこのフレシャス。新しいお家にピッタリのウォーターサーバーがきっと見つかります。

以上、ウォーターサーバー本体のお引越しについてお伝えしました。

あわせて読みたいページ

topbot

ページトップへ戻る