Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ウォーターサーバーの平均的な電気代と節電方法

家の電気代

ウォーターサーバーの平均的な電気代はいくら

近年、多くの家庭に普及してきているものの一つにウォーターサーバーがあげられます。ボタンを押すだけで冷水も温水も使用することができるので、飲料水としてだけでなく、料理の際など幅広く使用することができます。ウォーターサーバーを選ぶ際に様々な機能や本体の大きさなどが気になりますが、どれくらいの電気代がかかるかということも気になるところです。

ウォーターサーバーにかかる月々の電気代としては、おおよその目安が各社公式サイトなどに記載されています。これらによると電気代の平均は約700から800円ほどとなっています。様々な機能を搭載している場合には月々1000円を超えるものもありますが、エコモードなどを搭載した最新モデルの場合には300円台にまで下がることもあります。しかし公式サイトに記載されている金額は、おおよその目安です。実際に使ってみると、記載されている金額より、安く済ませられるということがほとんどです。

ウォーターサーバー設置のメリット

サーバーを設置することで、好きな時に温水も使用することができます。これを考えると、電気ポットを使用した場合の月々の料金がなくなること、お湯をいちいち沸かさなくてはならないという手間が省けるというメリットがあるといえます。しかしどうせ使うのであれば、なるべく電気代を安く済ませたいものです。

コンセントを抜くことは間違った節電方法

多くの家電製品の場合には、使わない時でも待機電力がかかってしまうので、電源コンセントを抜いている人も多いでしょう。しかしあまり知られていないかも知れませんが、本体の電源コンセントは、使わないからといって抜いてはいけません。常にコンセントにさした状態で利用しなければなりません。そのため節電方法を考えるとするならば、電源を入れた状態で、いかに節電できるかを考える必要があるでしょう。

特にウォーターサーバーの場合は保温・保冷することでタンク内の雑菌などの繁殖を防ぎ、衛生的に使用できるように設計されているので使わない時間だからと言って電源を切ったり、コンセントを抜くことは間違っています。

ウォーターサーバーの節電方法

節電を意識してウォーターサーバーを使いたいのであれば、エコモードがあるサーバーを選ぶか、温水機能をオフにすることができるサーバーを選ぶということが最善の方法です。
家族全員が寝ている時間や、1日のうちでサーバーを使わない時間があるのであれば、この間にエコモードにすることで消費電力を減らすことができます。近年では光センサーによって自動でエコモードになる機能を搭載したのもあります。

そして温水機能をオフにすることができるサーバーの場合には、かなりの節電効果が期待できます。ウォーターサーバーはお湯の温度を保つための電力消費量が、かなりかかるといえます。温水機能をオフにすることで、ひと月の電気代が70パーセントも安くなるものもあります。

1例として

クリクラミオ のサーバーの場合は
  • 冷水タンクの使用電力は73W
  • 温水タンクの使用電力は350W

温水タンクは冷水タンクの約5倍の電力を使用しています。このため温水タンクの電力をいかに節電できるかが電気代を安くするポイントです。

温水機能をオフにしてはいけない機種もあります。温水機能の熱によってウォーターサーバー内部を殺菌している機種もあるためです。取扱説明書は必ず読みましょう。

数年ごとに最新機種に交換することも有効です。技術の進歩により節電効果の高い省エネモデルが年々増えていってます。ウォーターサーバーの本体はレンタルが主流なので本体の乗り換えはしやすいシステムになっています。本体の交換には手数料が発生する会社も多いですが節電効果で元が取れることもあるようです。

置き場所を変えるだけでも節電効果アリ

ウォーターサーバーからはモーターを使用していることに由来する排熱が出ます。これは冷蔵庫とも共通することですが、この排熱をいかに逃がせるかが節電のカギになります。排熱をうまく逃がせずに、熱がこもった状態で使用していると冷却のために余計な電力を使用します。

排熱をうまく逃がすため、ウォーターサーバーの置き場所には本体の背面、両側面には10cm~15cm程度のスペースを確保しましょう。このくらい隙間が空いていれば排熱の換気ができます。特に背面は壁にべったりとくっつけると熱により壁が変色したりする場合があります。

例えば物が見えないほうがすっきりするからという理由でウォーターサーバーをクローゼットの中に入れたり、キッチンの一番奥のように換気がしづらい場所に置くと節電する上ではよくありません。レイアウトを考える際は排熱の換気を意識しましょう。

また、直射日光のあたる窓際などもよくありません。ウォーターサーバー本体が加熱されると無駄な電力を使用します。お水に直射日光が当たることで水質の劣化も起こります。

電気ポットや電気ケトルと比較

ウォーターサーバーを検討している人には電気代が気になる方も多いでしょう。電気ポットや電気ケトルなど、他のお湯を沸かす家電製品と比較してみましょう。

電気ポットの電気代は1日あたり約30円と言われています。これを1か月に換算すると約900円になります。機種や使用状況などにより異なるので目安として考えてください。

電気ケトルの電気代は1リットルのお湯を沸かすのに約3.5円かかります。電気ケトルには保温機能はないのでその都度お湯を沸かすことになります。1日に3回沸かすとすると約10.5円。1か月分に換算すると約315円となります。

電気ポット、電気ケトルの1か月使用した電気代を概算すると

  • 電気ポット:約900円
  • 電気ケトル:約315円

上記はお湯を沸かすだけの計算です。ウォーターサーバーの電気代と比較しても肩を並べるほど電気代がかかってます。

ウォーターサーバーの電気代は決して高くありません

飲み物を冷蔵庫で冷やすことを考えると開け閉めの回数が増えてそのたびに冷気が逃げるので電力を無駄にします。冷蔵庫は中身を入れすぎると電力を多く消費するので、かさばる飲み物を多く入れるとそれだけ電力を消費します。ウォーターサーバーがあれば冷蔵庫の節電にもなります。

お湯に関しても上の項で比較した通り、他の家電製品と比較しても遜色ありません。

温水・冷水がいつでも飲める便利さで、電気代も高くありません。ウォーターサーバーの人気の理由の一つに省エネが挙げられると思います。

ウォーターサーバーがある暮らしを紹介します

我が家のウォーターサーバーがある暮らしを公開しています。ウォーターサーバーのメリット・デメリットや実際に使った感想を写真などを使ってお伝えしています。読みたい方は下の画像をクリック(指タップ)してください。

プレミアムウォーターの本物の口コミ

以上、ウォーターサーバーの電気代、節電についてお伝えしました。

topbot

ページトップへ戻る