Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

赤ちゃんの為のウォーターサーバー選び方とメリットデメリットを解説

ミルクを飲む赤ちゃん

赤ちゃんにウォーターサーバーは必要か?

そもそも赤ちゃんが生まれたからと言ってウォーターサーバーが必要なのか?お水なんか水道から出てくる、って意見の方も多いですね。

このページでは「赤ちゃんにウォーターサーバーは必要なのか」の疑問と赤ちゃんのためのウォーターサーバーの選び方を徹底解説します。

必須アイテムとまでは言えないがウォーターサーバーがあればママの子育ての負担は激減する

赤ちゃんのためにウォーターサーバーは必要か、というと必須アイテムとまでは言えません。ですが、あればママの子育ての負担は激減します。

赤ちゃんの誕生をきっかけにウォーターサーバーを使い始める方が増えています。ウォーターサーバーがあれば赤ちゃんに安全なお水を飲ませることができますが、最大のメリットはママの負担を減らせることです。

赤ちゃんは家庭内の雰囲気を敏感に感じ取っています。ママ、パパがイライラしていると赤ちゃんは空気を読んで不安な気持ちになります。なのでママが笑顔でいられれば赤ちゃんも幸せです。育児の負担を減らすための投資をしても良いかと思います。

ママ目線で選ぶ、これが赤ちゃんのためのウォーターサーバー選びを成功させるコツです。ウォーターサーバー選びのために子育てへのメリットを把握しましょう。自分が何を求めているかをはっきりさせれば選び方に迷う事もなくなりますよ。

ウォーターサーバーの子育てへのメリット

水質検査や放射能の検査もしている安全なお水

ウォーターサーバーの一番のメリットはお水が高品質であること。水質検査は水道水よりも厳しいです。近年では放射能の検査を第三者によって実施し、結果を公表しているメーカーも多いです。

味ももちろんおいしく、水道水のようにカルキ臭いなんてことはありえないので赤ちゃんもミルクの美味しさを感じているはずです。また、おいしいだけでなくカルキ(塩素)自体が赤ちゃんの未発達な内臓に負担をかけるので人工的な添加物のない天然水がおすすめです。

買い物が楽になる

赤ちゃんに飲ませるためのお水ペットボトルでを買うとなると非常に重いです。他の買い物もあるのに大変ですよね。しかも赤ちゃんを抱っこしたままなので余計にキツイです。ウォーターサーバーがあればこの重労働から解放されます。

泣いたらすぐにミルクが作れる。特に夜中は大活躍

新生児の頃は3時間ごとにミルクをあげます。夜中だと近所迷惑なども気にしなきゃならないので素早くミルクを作りたいですね。

ヤカンで沸かす場合は沸かすまでの時間とミルクを作った後冷ますまでの時間がかかります。水道水の塩素は完全に除去するまでは約5分間の煮沸が必要とされ、さらにトリハロメタンなどの発がん性物質は煮沸の直後は増加し、除去のためにはさらに10分間の煮沸が必要とされています。(出典:ウィキペディア)夜中に赤ちゃんが泣いているのにこんな時間ありませんよね。

ウォーターサーバーがあればお湯がすぐに出せます。ミルクを作る量の半分くらいのお湯でミルクを溶かし、冷水を混ぜて温度を調整します。こうすれば冷ます時間も必要なくなります。水道水を煮沸をせずに混ぜると塩素などが除去できてないので赤ちゃんの体に悪いです。

ウォーターサーバーは実は結構経済的

ウォーターサーバーは確かに水代と電気代がかかりますが、実は結構経済的です。

ヤカンでお湯を沸かす場合、例えば100mlミルクを作るのに100mlちょうどを沸かすってできませんよね。蒸発して減るし、ちょっとだけだと空焚きが心配なので少し多めに沸かします。余ったお湯はその都度捨ててます。これがもったいない!

さらにヤカンで沸かしてもガス代はかかるし、ティファールで沸かしても電気代はかかります。

ウォーターサーバーならピッタリの量でミルクが作れます。ロスがなくて経済的です。

来客時もすぐにお茶が出せて「しっかり者の奥さん」アピールができる

赤ちゃんが生まれると来客が増えますよね。特にジジ・ババがよく来ます。さらにママ友が遊びに来ることも増えると思います。この時にウォーターサーバーがあればお茶ぐらいならサッと出せます。

お姑さんはお構いなくなんて言いながら「できる奥さんかどうか」をしっかりチェックしています。お茶も出さないなんてことがあれば後が心配です。

うちの場合は両家にとって初孫だったのでしょっちゅうジジ・ババが来ました。ジジがお茶しか飲まない人なので粉末タイプのお茶っ葉で素早くお茶を出していました。この時もウォーターサーバーに助けられました。

離乳食作りにも便利で卒乳後も使える

赤ちゃんにミルクを飲ませる期間は個人差はありますが、卒乳後も離乳食と併用でフォローアップミルクを飲ませることを考えるとかなり長く使えます。ウォーターサーバーはミルク作りだけではなく離乳食作りにも使えます。少量のお湯もすぐに用意できます。

大きくなってからもジュースを飲ませると虫歯の原因にもなるし体によくありません。うちではジュースは外食時だけ、として普段はウォーターサーバーのお水を飲ませています。おいしい天然水なので喜んで飲んでいます。

ウォーターサーバーと子供

さらにお医者さんにもらう薬がドライシロップの場合はウォーターサーバーのお水で溶くと飲みやすくなります。

ノンカフェインコーヒーもおいしい

妊婦から授乳期へとカフェイン摂取を制限しますよね。このときにノンカフェインコーヒーを飲んでいました。私自身がコーヒー派だったのでこう書きましたが、自分で飲んでもおいしいよと伝えたかったので書きました。

非常時の備蓄水になる

ウォーターサーバーのお水は非常時の備蓄水にもなります。近年では原発事故などもあり、水道水を安心して飲めないという事も増えてきました。災害で水道が止まることもあります。水道水の水源地が環境汚染されることもあります。ウォーターサーバーの場合は同じ会社でも複数の水源地から選べるので安全なお水を選んで買うことができます。

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーにもデメリットは当然あります。ざっとあげるとこんな感じです。

  • 設置スペースが必要
  • 電気代がかかる
  • モーター音がある
  • お水消費量のノルマがある
  • ヤケドやいたずらが心配

設置スペースは縦横が30~40cm四方くらいでコンセントが近くにあることが条件です。電気代は月に1,000円もかかりません。最近は節電モード搭載型が主流になっています。冷蔵庫のようなモーターの騒音があるので寝室への設置はおススメできません。

お水のノルマに関してはメーカーによって様々ですが、赤ちゃんがいる家庭で普通に使っていれば十分にクリアできる量です。

ヤケドに関しては注意が必要です。経済産業省の調査によるとウォーターサーバーによるヤケドの92.5%は3歳以下の子供が被害を受けています。下の表はウォーターサーバーでやけどをした子供の年齢別の円グラフです。

ヤケドの人数

さらに2歳未満の乳児に限定すると大半がつかまり立ちができる、又は独り歩きができるようになった直後にやけどをする場合が多いです。(出典:経済産業省

これを防ぐためにはウォーターサーバー自体をベビーゲートで囲むなど近づけないようにすれば確実です。

赤ちゃんガード

また、チャイルドロック装備のモデルを使用することはもちろん、チャイルドロックを外している姿を赤ちゃんに見られないようにすることが重要です。見て覚えてしまいます。

水道水のデメリット

水道水のデメリットは

  • 塩素(カルキ)を含んでいる
  • 環境汚染に弱い
  • 水道のメンテナンスは万全か?

上記の3点が挙げられます。

水道水は塩素を含んでいる

例えば東京都水道局では「おいしさに関する水質目標」を独自に定め、残留塩素濃度を必要最低限の0.1mg/L以上0.4mg/L以下としています。

塩素(カルキ)は水質維持のために入れられています。これ自体であれば水質基準程度の少量であれば人体への影響はほぼないと言えますが、赤ちゃんには負担がかかります。内臓などの機能が未発達な新生児にはこの少量のカルキでさえも下痢などの原因になります。

水道は環境汚染に弱い

水道は採水地が決まっています。管轄の水道局から水道管でお水を引いているわけですが、採水地に環境汚染が発覚した場合でも採水地を変えることはできません。せいぜい使用の制限を呼びかけるくらいです。

福島原発事故の際は東京の水道水からも放射能が検出されました。私は東京在住なのでこのことをよく覚えています。当時は妊娠中だったので水道の水は飲めなくなり、これがきっかけでウォーターサーバーを使い始めました。

水道設備のメンテナンスについて

水道にもメンテナンスは必要です。公共部分の水道管は公共事業でメンテナンスしてくれてますが、集合住宅の水道は貯水槽にお水をためて各世帯に分配しています。この配水設備のメンテナンスは住宅の家主がすることになっています。

貯水槽

この貯水槽には10㎥以下の大きさであれば法律による保守の義務がありません。この10㎥とは10世帯前後の小規模のアパートであれば十分な容量です。

築年数の古い小規模アパートの場合、メンテナンスがされていない事例もあります。

不動産業者を通さず個人で営んでいる賃貸アパートについて質問です。
昨日まで住んでいた個人経営のアパートが屋上に設置された高層貯水タンクの掃除を行っていませんでした。…中略…大家さんに相談しましたが、「掃除する気はないし、水道管も取り替える気は無い!もししつこく言うようなら、うちは気が短いからな!」と脅されました。…中略…専門業者に連絡したら、大家さんの許可がないことには検査できないと言われました。…以下省略

出典:yahoo知恵袋

この事例はかなりひどい例だとは思いますが、公共事業の水道でも万全とは言えないことは確かなようですね。

お金を払って購入する、しないを選択できるウォーターサーバーであれば安全な水を自分で確保できます。赤ちゃんのためにも安心・安全に投資することが必要かと思います。

ウォーターサーバーを使ったミルクの作り方

粉ミルクは70度以上のお湯で作ることが推奨されています。これは粉ミルクを殺菌できる温度とされています。ウォーターサーバーのお湯は80度前後に設定されているので安心して作れます。

作りたいミルクの量の半分くらいのお湯を入れ、ミルクを溶かしてから残りの量のお水を入れて温度を調節します。これで冷ます時間を短縮できます。この冷ますためにつぎ足すお水は水道水ではダメです。煮沸しないとカルキやトリハロメタンを含んだまま赤ちゃんに飲ませることになります。ウォーターサーバーのお水であれば煮沸をしていなくても赤ちゃんに飲ませられます。なので冷水を継ぎ足しても大丈夫です。

赤ちゃんのためにも失敗できない、ウォーターサーバーの選び方

お水は天然水がおすすめ

ウォーターサーバーのお水は大きく分けるとROろ過水と天然水の2種類があります。ROろ過水は高性能のRO膜というフィルターでろ過した水ですが、ウォーターサーバーのROろ過水は人工的にミネラルを添加しています。このためお腹の弱い赤ちゃんにはおすすめできません。

天然水を飲ませてあげましょう。なるべく硬度の低い軟水がいいです。硬度は60以下が望ましいです。硬度の高いお水は赤ちゃんのお腹に負担をかける上にミルクのミネラルバランスを崩すことにもなります。

使い捨てのワンウェイボトル方式にすべし

ボトルの形状も2種類あって、要返却のガロンボトルと使い捨てのワンウェイボトル方式があります。おすすめは使い捨てのワンウェイボトル方式です。ワンウェイボトル方式なら配達の日時指定や不在時も再配達ができます。これができるのは佐川急便などの宅配便で送ってくるからです。

ウォーターサーバー本体に必須の機能3点

ウォーターサーバーの本体の機能でこの3点は必須です。

  • Wチャイルドロック
  • ECOモード
  • オートクリーン機能

Wチャイルドロックとはお湯だけでなく冷水の蛇口にもチャイルドロックがついている物です。冷水ならイタズラされてもヤケドはしませんが床が水浸しになった、というレビューもあるのでチャイルドロックは必要です。

ECOモードはネックとなる電気代を節約するためです。これが付いていれば月の電気代は1,000円もかかりません。

オートクリーン機能とはウォーターサーバー本体の中を自動で殺菌するものです。お水は毎回きれいなボトルと交換しますが本体内部に雑菌がたまると不衛生なのでこのオートクリーン機能できれいに保てます。

水質検査や放射能の検査をしていること

水質検査や放射能の検査をしていること、さらにその結果を公表しているメーカーがおすすめです。検査も第三者によって実施しているかがポイントです。

おすすめはプレミアムウォーター

うちではプレミアムウォーターを使っていますが、これなら普通におすすめできるなと思います。硬度の低い天然水、本体には必須の3機能、転倒防止のチェーン付き、1時間に一度の水質検査と放射能の検査(プレミアムウォーターの放射能検査結果)アプリで料金の把握もしやすい、さらに赤ちゃん世帯限定の料金プランあり。

赤ちゃんのおかげで安い料金プランが使える

プレミアムウォーターには「プレミアムベビークラブ」という料金プランがあります。通常契約よりもかなり安いです。天然水のウォーターサーバーの中では最安値です。詳細は公式サイトをどうぞ。

以上、赤ちゃんのためのウォーターサーバーの選び方についてお伝えしました。

topbot

ページトップへ戻る