ウォーターサーバーの赤ちゃんのやけどやイタズラ対策

赤ちゃんガード 赤ちゃんのウォーターサーバー

ウォーターサーバーで赤ちゃんにやけどをさせないために

赤ちゃんができたらウォーターサーバーはとても便利なものです。

しかし、ウォーターサーバーを使うにあたって、
心配になるのがイタズラですよね。

ウォーターサーバーは熱湯が出るものです。

この熱湯が親にとっては便利なのですが、
赤ちゃんにとってはやけどなど、
危険なものです。

床が水浸しになるくらいなら拭けばいいですが、
赤ちゃんにもしものことがあったら。

熱湯が出るだけに心配ですよね。

このページでは赤ちゃんのウォーターサーバーのイタズラ、やけど防止と
ウォーターサーバーの選び方について案内します。

赤ちゃんのウォーターサーバーへのイタズラを防止する方法

赤ちゃんにウォーターサーバーをさわらせない

赤ちゃんにウォーターサーバーをさわらせないことが最も有効です。

置き場所などを工夫して赤ちゃんの手の届かない位置に
ウォーターサーバーを置きましょう。

ウォーターサーバーの周りに柵を設置してもいいですね。

ウォーターサーバーをキッチンにおいて、
キッチンの入り口にベビーゲートを付けるなど。

とにかく、さわらせないことが大事です。

チャイルドロックは冷水コックにも必要

赤ちゃんのやけどを防止するために、
チャイルドロックは必須ですが、
最近ではほぼ全機種についています。

しかし、それは熱湯側のコックについてのことです。

冷水側のコックにはチャイルドロックが付いておらず、
やけどはしなかったけど床が水浸しになった、
という事もあります。

チャイルドロックは冷水コックにも必要です。

赤ちゃんが見ている前で操作しない

ウォーターサーバーから水を出しているところを
赤ちゃんに見せないようにしましょう。

赤ちゃんは学習能力が高いので
チャイルドロックを解除して水を出す方法を
見ている間に覚えてしまいます。

チャイルドロックがついていても
やけどやイタズラを防げないこともあるのは
これが原因です。

なので、ウォーターサーバーの置き場所として
おススメなのはキッチンの奥です。

リビングだとどうしても見られてしまうので。

おしゃれなデザインだとどうしても
見える位置に置きたくなりますが、
赤ちゃんには見せないほうが安全です。

赤ちゃんから見えない位置に操作パネルがあるウォーターサーバーを選ぶ

どの対策も100%ではないので
なるべく赤ちゃんから目を離さないことが
大事なんですが、難しいですよね。

チャイルドロックがついていても解除されることもあります。

特にコックがついていると
ひっぱって壊しちゃったりもします。
つかまり立ちにちょうどいい高さなんです。

なのでデザイン的にはコック付きよりも
操作パネルでボタン操作で給水するタイプがいいんです。

このタイプでおすすめはフレシャスですね。

こんな感じで手が届かないので、
イタズラ防止には有効です。

赤ちゃんがいればプレゼントがもらえる
ママパパプランも実施中です。

プレゼントの内容はこんな感じ。

お水は女性に嬉しい軽量パックなので
ボトル交換で重たくてつらい、
なんてことはありません。

どれがいいか迷っているなら
フレシャスをおすすめします。

フレシャス「ママパパプラン」

コメント

タイトルとURLをコピーしました