Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ウォーターサーバーのシェアと選び方「人気の物でいいや」はキケンです

順位

本当に人気のあるウォーターサーバーをシェア率から探す

ウォーターサーバーのメーカー別シェア1位はクリクラです。これはマーケティング会社が調査した確かな統計です。1位はクリクラなのです。

これをご覧になっている方の中には「あれ?」と思う方もいるでしょう。

1位は他のメーカーだと多くの方が思っているのではないでしょうか。多くのメーカーが様々な媒体で「売り上げNO,1」とうたっています。これには注意点があって「○○のウォーターサーバーの中ではNO,1」なのです。例えば「天然水のウォーターサーバーでNO,1」や「使い捨てボトルのウォーターサーバーでNO,1」といった具合です。

下の円グラフは実際のシェア率を基に作られたものです。

ウォーターサーバーシェアグラフ

ウォーターサーバーの売り上げシェアランキングをデータの取れる8位まで見ると

  1. クリクラ(シェア約21.5%)
  2. アクアクララ(シェア約17.4%)
  3. コスモウォーター(シェア約12%)
  4. クリティア(シェア約7%)
  5. ハワイウォーター(シェア約6%)
  6. 富士の湧水(シェア約5%)
  7. ダイオーズ(シェア約4%)
  8. うるのん(シェア約3.6%)

ベスト8は上記のようになります。出典:矢野経済研究所(ランキング、シェア率は2013年のデータ)

1位、2位はいずれもROろ過水でリターナブルボトルを採用しているメーカーです。例えばコスモウォーターはシェアで見ると業界3位ですが、天然水のウォーターサーバーで言うとコスモウォーターが1位と言うことになります。

こういった条件を付けてシェアランキングを見ると結果が違って伝わったりするものです。

シェアランキングを深掘りすると見えてくるもの

上記のシェアランキングの結果を深掘りして考えてみると1位、2位はいずれもガロンボトルを採用したサーバーです。このタイプは家庭用と言うよりは法人での利用に人気があります。例えば病院の待合室の「ご自由にどうぞ」と書いてあるものや、オフィスや事務所に置いてあるものなどはガロンボトルのタイプが多いです。

法人での利用は家庭での個人による利用と比べてお水の消費量が圧倒的に多いです。家庭で利用する場合の家族が3~4人くらいで飲む量と、法人で不特定多数が飲む量とでは比べ物になりません。休日は利用しないことを差し引いてもかなり差が付きます。

上記のランキングはお水の消費量に基づいたデータです。なので消費量の多い法人に人気のあるガロンボトルが上位に来ているのではないかと推測します。また、ウォーターサーバーが家庭用に普及し始めてからまだ数年しか経っていないので法人での人気がそのままシェア率に表れやすいとも言えます。

いずれにせよ日本で最も消費量の多いウォーターサーバーはクリクラという事です。

多くの人気ランキングサイトで順位が違う

多くの方を勘違いさせているもう一つの元凶は人気ランキングサイトです。ランキングサイトは数多くありますが同じ結果になっているサイトはほとんどなく、どれもバラバラですね。

こういった比較サイトの場合、「明確な根拠」のないランキング付けは違反行為になっています。広告掲載禁止などのペナルティを受けることになっているはずなんですが・・・明確な根拠に基づいてランク付けしているのであれば結果は似通っているはずなんですが、みんな違うっておかしいですよね。

これには次のような秘密があります。

あるウォーターサーバー業界内部者の暴露

とあるウォーターサーバー業界の内部の方がネット上で暴露した話を紹介します。

某大手ウォーターサーバー会社のマーケティング部門に「ウォーターサーバー人気ランキングサイト管理者」を名乗る者から「ウォーターサーバー人気ランキング1位の枠を300万円で購入しないか?」と言う電話があった。高額なので断ると「2位なら200万、3位なら100万でいいよ。テレビでCM流すより安いし宣伝効果はバッチリだからお買い得でしょ」この話を断ったらランキングサイトにはこのメーカーはランクインしなくなった。

要するにこのウォーターサーバー人気ランキングサイトはお金で順位を操作していると言うことです。

確かにネット上で有名な人気ランキングサイトにはテレビCM並みの宣伝効果があります。しかもテレビCMの放送には芸能人の報酬やらで億単位のお金が掛かるので300万円で1位獲得なら安く宣伝効果を得られるのでお買い得ですが、これって情報操作ですよね。

全ての人気ランキングサイトがお金をもらっているとは断言できませんが、何を根拠にしたランク付けなのか明確にしているサイトはほとんどないですよね。

  • 当サイト内での人気ランキング
  • 私のおすすめランキング

上記のようなランキングサイトってどうやって集計しているかはサイト管理人しか知りませんよね。

「人気ランキング」と言うことは売り上げが多い順と言うことなんですから、シェア率の順になるはずなんですよ。

なのにどのサイトでも順位はバラバラ。

「広告費が稼げるランキング」なのではないか?

「明確な根拠」のないランキング付けは違反行為

(2016年1月29日に追記)

つい先日ヤフーニュースでやらせランキングの実態を暴露する記事が発表されました。(記事へのリンクを貼っておきましたが記事が削除されました)

この記事は企業側のほうからランキングサイトに対して「お金を払うのでランキングの順位を上げてください」とお願いしているという内容でした。これによってランキングサイト側からだけではなく企業側からも不正な操作によって根拠のないランキング付けをしていることが明らかとなりました。

もちろんすべてのランキングサイトに当てはまるわけではありませんし、これがウォーターサーバー業界であるとは書いてありません。ですが、こういうことが日常茶飯事化してしまうとネットの口コミそのものの信頼が失われます。

非常に残念なことですね。

ランキングの結果を鵜呑みにすべきではない

人気ランキングの結果を鵜呑みにすべきではありません。明確な根拠のないランク付けはルール違反です。ましてやお金をもらって順位を操作して利己的に情報操作をしているサイト作成者がいると分かった以上はなおさら信用できません。

なのでこのサイトでは無責任な人気ランキングは作りません。

ウォーターサーバーの選び方について

ウォーターサーバーの選び方はいろいろな選定方法があります。このページを見ている方の中にはウォーターサーバーの選び方が分からない。とりあえず人気のあるものを選んでおけば間違いないんじゃないか?と思っている方もいると思います。

人気のものを選ぶのはもちろん有効ですが、それだけで選ぶのはキケンです。冒頭で説明した通り、シェア率は法人利用で人気の物が高くなる傾向があります。家庭用で選ぶ場合は他に注意点があります。チェックポイントを2つ絞るので参考にしてください。

特にボトルタイプの違いには注意しましょう。ガロンボトルとワンウェイボトルの意味も分からない方は要チェックです。共働き世帯でオートロックマンションにお住まいならワンウェイボトルにしましょう。ボトルタイプの選択を間違えるとお水を受け取ることすら難しくなります。この理由に関しては参考ページで詳しく解説しています。

これ以外にもいくつかありますがこのページでは割愛し、最低限のポイントだけを紹介します。後日になって後悔しないためにも是非チェックしておいてください。

家庭用におすすめのウォーターサーバー

以上の点を踏まえて家庭用におすすめのウォーターサーバーをお知らせします。

プレミアムウォーターは家庭用におすすめの使い捨てボトルでリビングに置いても違和感のないシンプルなデザインの本体、赤ちゃんのミルクにも使える天然の軟水です。家庭用のウォーターサーバーにピッタリです。

 

topbot

ページトップへ戻る